<自己紹介>

私は自分が客だった頃に、こういったサロンのセラピストの自己紹介をよく見ていたのですが、「いや、別にそんな細かい話まで、別に興味はないんだけど……」と詳細すぎる話や、「自分の人生はこんなに悲惨でした。そこから立ち上がったのです。」と同情を誘うようにプロフィールを書いている方々を見て「何か違うな」と疑問を抱くことがとても多かったのです。

しかし、自分が「必要かなぁ?」と疑問を抱きつつ自己紹介の記事を書くと、私の自己紹介を身近に感じていただいて、あるいは、「どのような方かが分かり信頼が持てた」と感じていただいてセッションの申し込みをしてくださるお客様が多いことに気づきました。

長文ですが、天使とは関係のない私の人間生について語りました。

サロン選びの参考にしていただければ幸いです。